産地紹介(地中海地方)

Penedés / ペネデス

最先端のワイン造りに挑戦

白ぶどう品種
マカベオ
パレリャーダ(モントネック)
チャレッロ
スビラト・パレント
シャルドネ
シュナン・ブラン
ゲヴュルツトラミネール
リースリング
ソーヴィニヨン・ブラン

黒ぶどう品種
ガルナチャ
ウル・デ・ジェブレ(テンプラニーリョ)
カベルネ・ソーヴィニヨン
モナストレル
マスエロ
サムソ
カベルネ・ソーヴィニヨン
カベルネ・フラン
メルロ
ピノ・ノアール

ペネデス

バルセロナの南約40キロメートルにあるビラフランカ・デル・ペネデスを中心に広がる産地で、ローマ人の足跡が色濃く残り、古くからぶどう栽培とワイン造りが行われてきました。カバの中心的な産地として有名あったペネデスで、スティルワインの産地として生産が本格的になったのは1970年代に入ってからです。当時、この地方で造られていたランシオ(酸化させた)タイプに飽き飽きしていたトーレスなど一部の革新的な生産者が、新しいスタイルと高品質なワイン造りに挑戦を始めました。このため、スペインでいち早くステンレスタンクや温度調節装置を導入するなどの醸造所の近代化や低温発酵、酵母の改良、オークの新樽による発酵や熟成、瓶熟成の重視など、技術の革新をほかの産地に先駆けて行いました。また、ぶどう畑では積極的に外来種や新栽培方法を取り入れるなど、さまざまな投資が行われました。

多彩なぶどうから国際的品質ワイン

カバ

ペネデスの栽培面積は約27,000ヘクタールで、生産量は多いときには約45,000キロリットルに達します。気候条件によって、地中海沿岸の平野部に広がるバホ・ペネデス、平均海抜200メートルの中間部のメディオ・ペネデス、平均海抜700メートルの小高い内陸部のより涼しい地域ペネデス・スペリオルの3つのゾーンに分かれています。土壌は沿岸部では砂地で、高度が上にいくほど石灰岩が多くなり、全体に水はけのよい土壌です。気候は全般的に地中海性気候のため温暖ですが、高地の冬は厳しく、遅霜の危険性もあります。生産者はこの気候条件の特徴を利用して、各地域に一番合ったスペイン産や外来種のぶどうを栽培しています。

最近は酸味の生きたフルーティな味が好まれるので、シャルドネピノ・ノワールチャレッロ、テンプラニーリョの栽培が中心となっています。造られるワインは赤、白、ロゼとヴァラエティ豊かで、単一の品種から造られたり、あるいはブレンドされる場合もあります。ロゼと白ワインは若飲みタイプとして売られることが多く、赤ワインはオークの小樽で熟成されるのが一般的です。ペネデスのシャルドネは上質なうえに、値段が手ごろなため好評です。また、テンプラニーリョカベルネ・ソーヴィニヨンの組み合わせによるブレンドは国際的な品質を誇っています。

Priorato / プリオラート

白ぶどう品種
ガルナチャ・ブランカ
マカベオ
ペドロ・ヒメネス

黒ぶどう品種
ガルナチャ・ティンタ
ガルナチャ・ペルーダ
カリニェナ(マスエロ)
カベルネ・ソーヴィニヨン
メルロ
シラー

プリオラートの名前は昔からカルトゥジオ修道院が造るワインで有名でした。修道院では、ぶどうの収穫は10月からと決められていたため、ぶどうの糖度は増し、15から16度という高いアルコール度の、濃厚な色と風味をもつ赤ワインが造られていました。しかし、苛酷な土地から若者が次々に去り、アルコール度の高い安価なバルクワインとしての需要も減り、プリオラートのワイン生産はしばらく衰退の一途をたどりました。この地域も過疎化が進む一方でした。

プリオラート

しかし1980年代後半に急展開が起こりました。外部から新しいワイン造りに情熱を傾ける人々が集まり、従来からある老齢のガルナチャカリニェナとともにカベルネ・ソーヴィニヨンメルロシラーをブレンド、以前のワインとはイメージを異にする濃厚かつ洗練された新しいスタイルの高品質なワインが造られるようになったのです。これらのワインは世界を驚かし、改革を進めた「4人組」は一躍スター醸造家となりました。彼らのあとを追い、よその地区からも大小の生産者が進出し、新たなボデガが次々に興されています。ぶどう畑はごつごつとしたスレート状の岩の険しい斜面にテラス状に切り拓かれています。ぶどうの根は地中深くまでわずかな水分と養分を求めて伸びていかねばならず、また昼夜の気温差が大きいために、大変凝縮した風味の赤ワインが造られます。開墾が困難で限られた面積のぶどう畑、低い収量、手間ひまとコストのかかる醸造方法などの結果、プリオラートのワインは比較的高価ですが、同時に世界的にも、高い品質の赤ワインを生む話題の産地として、熱い注目を浴びています。

Alella / D.O. アレーリャ

D.O. アレーリャ

DOアレーリャの花のような白ワイン、そしてあまり知られていない赤ワインは、過去40年間の都市開発によって縮小を余儀なくされてきた非常に古いブドウ畑から生まれています。
今日のD.O.は1956年の創設時の3分の1の大きさにすぎませんが、1989年には沿岸部の山脈の斜面に広がるように拡張されました。
1980年代には、一連の新しいブドウ品種が導入されて、ワインは近代化し、新しい可能性が明らかになりました。 ワイナリーは、海に向かう階段状の斜面に築かれた都市型の農場です。
どのブドウ品種を栽培するか、そして畑のどの部分でどの種類のワインを生産するかは、畑の高度によって決まります。

ワインの種類

D.O.アレーリャのワインには以下のものがある。
通常のワイン(スティルワイン)の白、ロゼ、赤ワイン以外に、地中海沿岸の伝統に沿った以下のリキュールワインも生産されている。またD.O.アレーリャの中でスパークリングワインの製造も許可している。

ビノス・デ・リコール(リキュールワイン)

ランシオ(酸化させたワインという意味):
ガルナッチャ・ブランカ、マカベオ、またはガルナッチャ・ティンタから造られる伝統的な上質なワイン。白ワイン用のオーク樽で酸化をさせる。アルコール度数は14%º以上でなくてはならない。
ミステラ:
伝統的な高品質のワインで、あらゆる白ワイン用の品種から造られる。アルコール濃度が12%になった時にモストとフロールを分離してからワインを濾過する。その後アルコールを加え、1日1回、1週間かけてアルコール濃度が15%になるまで取り除く。最大アルコール濃度は20%。
ビノ・デ・ドゥルセ・ナトゥラール(天然甘口ワイン):
伝統的なワインで、1ℓ当たり250g以上の糖分が含まれており、その一部を発酵させている。アルコール濃度は最低12%で、少なくとも15%は必要、最高20%まで。

ビノ・デ・エスプモセス・デ・カリダ(高品質スパークリングワイン)

認定ブドウ品種から造られたワインで、最低アルコール濃度は10.8%、最高は12.8%。伝統的な瓶内2次発酵によって造られる。高品質スパークリングワイン製造のためのベースワインとして使用することができる。(訳注:D.O. CAVAの製造もおこなわれている)

ビノ・デ・アグハ(微発泡ワイン)

すべての白ブドウと黒ブドウ品種から造られる微発泡ワインで、最低アルコール濃度は10.5%で最高は12.5%vol。発酵中に発生した炭酸が一部残っている。

地理的エリアの区分

D.O.アレーリャのワインの生産に適したブドウ栽培地域は、この条項に記載されている市区町村または地理的区域に位置する登録ブドウ畑の区画で構成され、本仕様書の第6章に示される認可ブドウ品種が植えられる。

気候

海沿いの地域(マレスメ)の気候は地中海性気候。年間降水量は約550mm~800mmで、北部のモンテネグレ地域で最高値、南部の沿岸都市で最低値に達する。雨季は秋で、乾季は夏。冬の気温は平均8℃~10℃、夏は平均22℃~23℃の穏やかな気候で、年間気温差はあまり大きくない。11月から3月にかけて凍結することもある。
海側には、沿岸で保護された地中海と平行に走る回廊があり、気温が非常に高くなる夏の間この回廊が内陸部の冷たい風を遮り、海風を保っている。内側の斜面では朝霧が発生し、西側の山脈に集まる。夏には2つのエリアを結ぶコル・デ・パルペス、フエンテ・デ・セラ、そしてラ・コンレリアという3つの自然な回廊を海風が通過し、ブドウ畑をリフレッシュする。

歴史と文化

アレーリャのワインの最もミステリアスな魅力とは、海と山の間にある小さなブドウ畑の存在であり、長年に渡り外部の好奇の目から隠れ、大都市圏の拡大に対する立派で不平等な戦いから生き伸びてきたことである。
アレーリャのワインには長い歴史があり、常にそうであった訳ではないが、カタルーニャのワイン製造において重要な意味を持っていた。ローマ時代にはすでによく知られ愛されており、プリニオとマーシャルによってレイエタンワインとして引用されていた。バレスのワインは中世にはバルセロナで好まれ、後にカタルーニャから世界へと輸出される最も品質の高いワインの1つとなった。これにはスペインの植民地に多くのカタルーニャ人がいたことも影響している。 今日このワインの伝統はすべて生きており、D.O.アレーリャのワインは、その地が本物の地中海の町であり続けるという意志を象徴している。それ故ワイン生産者達にとって貿易の難しさ等長年に渡る様々な事件よりも、最も強調すべきは19世紀末にブドウ畑を完全に壊滅させたフィロキセラの害についてだ。
イベリア半島で最も小さくそして最も古いD.O.の一つであるアレーリャは、近代化され、栽培と醸造における新しい技術やシステムを取り入れているが、同時にこの地域のワインは、品質としっかりとした個性によってのみ真の普遍的な側面を見出すことができるという基準を保っている。
D.O.アレーリャはバルセロナの北部に位置し、320haの面積を占め、海に近いマレスメと、コルディレラ・リトラルの反対側に位置するバレス・オリエンタルの2つの地域から成る。これらの地域の個性とブドウ畑の栽培は、どちらもローマ時代から今に続いている。
経済は伝統的に農業と漁業により成り立っている。中でもブドウ栽培と花の栽培が際立っており、カタルーニャのこの部門の生産の半分以上を占めている。工業化、特に織物も経済に強い影響を与えている。
食に関してバレス・オリエンタルは通過の土地と言える。人々の流れは非常に多様な料理をこの土地にもたらした。
D.O.アレーリャに加えて、ガンセットのインゲン豆の原産地呼称であるバレス・マレスメ保護原産地指定にも注目する価値がある。
アレーリャのブドウ畑からは、長い歴史が正当化するであろう多くのことが言える。並外れたプロセスを経て近年近代化されたが、しかしそれよりも現在は都市部のブドウ畑の特徴に注目すべきであろう。このような側面にもかかわらず、そのブドウ畑は生き残り、典型的に、規則正しく、毎年、土壌、水、土地を変え続け、アレーリャのワインのような輝く魅惑的な製品に働きかけて来た。
他の何よりもアレーリャのワインは常にバルセロナ料理の伝統に組み込まれて来たが、それは主に今世紀初めに今日の偉大なバルセロナの基礎を築いた、生まれ変わり進化し続けるバルセロナである。その頃の人々はアレーリャのワインの名声に敏感で、それをその時代と街の象徴としたのだった。
伝統と現代性、過去と未来、田舎と街、海と山を組み合わせた今日のD.O.アレーリャのワインは、象徴であることに加え、エレガントで香りの良い、クリスタルに輝くワインであり、北部の穏やかさと地中海の情熱を併せ持った、すばらしく調和のとれた例外中の例外と言えるものだ。

D.O.情報(ファクトファイル)

※上記文章はFoods & Wines from Spain(英語)(2018年5月現在)およびマンチュエラ原産地呼称統制委員会HPの一部を和訳したものです。

地中海地方その他の産地(カタルーニャ)

カタルーニャ州には小さくて魅力的な原産地呼称が集まっています。地中海沿岸では、タラゴナの北部にありしっかりとした骨組みと濃厚な果実味の赤ワインで注目されるモンサンが新しいDOとして独立、2002年に中央政府の認定を受けました。内陸部の山中の産地で、無名ながらも将来の期待されるテラ・アルタではランシオワインから軽いフレッシュなタイプのワインが造られるようになり、コンカ・デ・バルベラではパレリャーダ100%から香りの良い辛口の白ワインやガルナチャウル・デ・リェブレから造られるクリアンサが注目され始めています。運河と大規模な土地開発によって誕生したコステルス・デル・セグレでは早くから外来種を積極的に登用しています。その他、カタルーニャの聖地モンセラット山のふもとでチャーミングなワインを産出するプラ・デ・バジェス、またバルセロナの北の地中海沿岸には、爽やかな白ワインを産するアレーリャエンポルダがあります。いずれの産地もこの地方の固有種とともに外来種を栽培し、それぞれの長所をうまく組み合わせた新しいスタイルのワインを造り出すようになってきています。また、カタルーニャ地方に点在する原産地呼称以外の産地をカバーするために、2001年にDOカタルーニャがスペイン中央政府から公式に認められ新たに誕生しました。

Jumilla & Yecla / フミーリャとイエクラ

ムルシア州のフミーリャ、イエクラのDOに関心が集まり始めています。

白ぶどう品種
メルセゲラ
アイレン
ペドロ・ヒメネス(フミリヤのみ)

黒ぶどう品種
モナストレル
ガルナチャ
カリニェナ(マスエロ)
センシベル(フミーリャのみ)

フミーリャ・イエクラ

ムルシア州の北部にあるフミーリャは、夏は40度に達するほど暑く、冬はしばしば氷点下になるほど寒さが厳しい大陸性気候の土地で、年間3,000時間もの日照に恵まれますが、降雨量はわずか300ミリと乾燥しています。この苛酷な自然環境のもと、アルコール度数の高いワインが造られ、伝統的にほかの地域のワインを力強くするためのブレンド用(バルクワイン)として売られたり、あるいは低価格の日常消費用のワインの産地と評されていました。しかし、1980年代末になって、ほかの地域から100年あまり遅れてこの地域にフィロキセラ禍が発生し、ぶどう畑の多くが改植を余儀なくされたことがきっかけで、ワインの品質向上のためにぶどう栽培の改善が始まりました。

この地域のぶどうはほとんどが地元原産のモナストレル(フランスではムールベードルと言われる)で、これに加えカベルネ・ソーヴィニヨンが認定され、メルロシラーも試験的に一部のワインに用いられています。赤とロゼのワインにはモナストレルを最低50パーセント使用しなければなりません。まだまだ多くのピエフランコ(接木していないぶどうの木)が残るこの地域、大きな潜在性をもつモナストレルを主体とした、品質の高い、独自の個性をもつワインの産地へと大きく転換してきました。

イエクラはフミーリャに隣接し、スペインで唯一、ひとつの町(イエクラ)からなる原産地呼称です。フミーリャ同様、大陸性気候で、やはりモナストレルを中心にカベルネ・ソーヴィニヨンメルロを用いて、良質な熟成タイプの赤ワインが造られるようになり、隣接する周囲の大産地の陰から抜け出しつつあります。

Valencia / バレンシア

地中海沿岸のリゾート地、バレンシア州の注目されるワイン産地

バレンシア

地中海沿岸で、果樹栽培の盛んなバレンシアは約17,000ヘクタールのワイン産地が広がっています。メルセゲラマルバシアから辛口の白ワイン、モスカテルからはとても軽やかで新鮮な味わいの甘口ワインが造られています。赤ワインの主要な品種はモナストレルガルナチャで、軽やかさのあるものからミディアムボディの若飲みタイプと、カベルネ・ソーヴィニヨンテンプラニーリョから造られる熟成タイプのものがあります。

Alicante /アリカンテ

バレンシア州の最南端にあり、地中海に面した高台にある地区と、ムルシア県と接している内陸部と二つに分かれています。地域で造られるワインの大半はリゾート客たちによって地元で消費され、また地域伝統のフォンディヨンと呼ぶ酒精強化タイプのワインもありましたが、ワイン産地としては特に知られていませんでした。
ところが1990年代に醸造設備や技術投資が行われ、内陸部では地元品種のモナストレルなどのほか、カベルネ・ソーヴィニヨンシラーなどの外来種を用いて造る新しいスタイルの高品質ワインが次々に登場しました。また高台の地区では、洗練された味わいのモスカテルの甘口デザートワインが登場し、海外へも輸出されるようになってきました。

Utiel-Requena / ウティエル・レケーナ

バレンシアの西、内陸に入った海抜700メートルの台地上を中心に約40,000ヘクタールものウティエル・レケーナのワイン産地が広がっていますが、長年バレンシアなどの陰に隠れていました。この地域でのみ栽培されてきたボバルが全体の75パーセントを占め、この品種とともにガルナチャをブレンドして造られるロゼワインや赤ワインがありますが、ボバルに代わってテンプラニーリョの栽培が奨励されるようになりました。

地中海その他の産地(ブーリャス)

気候、地勢とも隣接したフミーリャに近い。同様、高樹齢のモナストレルを中心とした高級ワインつくりにようやく着手し始めた。今後の活躍が期待できる地域。

▲ページトップに戻る