産地紹介(大西洋地方)

Rias Baixas / リアス・バイシャス

大西洋岸の緑濃いガリシア州で生まれた「海のワイン」

白ぶどう品種
アルバリーニョ
ロウレイラ ブランカ(マルケス)
トレイシャドゥラ
カイーニョ・ブランコ
トロンテス

黒ぶどう品種
カイーニョ・ティント
ソウソン
メンシア
エスパデイロ
ロウレイラ・ティンタ
ブランセリャオ

リアス・バイシャス

スペイン北西部にあるガリシア州は大西洋の影響を受け、雨の恵みによって緑濃い自然をもつ土地です。湾に深く切り込んだリアス式の海岸線、緑に彩られた険しい山岳と渓谷の内陸部は、スペインのほかの地方とは異なる景観をもちます。リアスとはこの海岸線のこと、バイシャスとは下部という意味です。この地域のぶどう畑は湾を間近に望む丘陵地やミーニョ河に沿った渓谷などにありますが、細分化された小さな耕作地を有効に活用し、強い日照からぶどうを守り、また樹勢をコントロールするためにペルゴラと呼ばれる棚式で栽培が行われています。

リアス・バイシャス

1980年代に入って、農家を組合員とした協同組合が発足、彼らを中心にリアス・バイシャスのワインの革新が始まり、1988年には原産地呼称(DO)を獲得しました。約3,000ヘクタールの栽培面積のうち約90パーセントをアルバリーニョが占めています。この品種からは、清楚で上品な香り、生き生きとした果実味と心地よい酸味をもった白ワインが造られます。アルバリーニョ100パーセントで造られるワインはラベルの上にリアス・バイシャスの原産地呼称名とともにこのぶどう種名も表示できます。また、ごく少量の赤ワインが造られています。近代的な発想のもと、ぶどうの徹底した品質管理、最新式の醸造機器と技術を導入して、フレッシュでフルーティなスタイルのワイン造り、高級ワインとして販売するためのマーケティングなどが地域ぐるみで進められ、「スペインで最も上質な白ワインの産地」という名声を確立しました。近年は、良い年に小樽発酵や樽熟成させた白ワインの生産も行う生産者も増えてきました。

大西洋地方その他の産地

中世からルネッサンスに時代に栄えたリベイロはリアス・バイシャスの内陸にあり、白はヘレス(パロミノ)、トレイシャドゥラと赤はカイニョが多く栽培されていました。他の地域との差別化の中で、トレイシャドゥラを中心とした白ワイン、カイーニョを中心とした赤ワインで高級化を進めています。また、アルコールが8~9%とやや低めのエンベラートと呼ばれるワインがあります。ガリシア州東部にあり、カスティーリャ・イ・レオン州と接しているバルデオラスは伝統的なガルナチャパロミノが栽培されていますが、90年代後半以降、ゴデーリョを使用したワインが高く評価され、短期間にスペイン有数の高級白ワイン産地に躍り出ました。またメンシアから赤ワインも作られています。その他ガリシア州内陸部のシル河沿いにあるリベイラ・サクラは大西洋の気候の影響を受けている優れた生産地で、フレッシュで酸のしっかりとしたアルバリーニョの白やメンシアを原料にしたフルーティな赤ワインが造られています。ガリシアの東南部の内陸にあるモンテレイはドゥエロ川やミーニョ川に合流するタメガ川の沖積地にあり、トレイシャドゥラゴデーリョドーニャ・ブランカなどから造られる主に白ワインの生産地ですが、 90年代後半からはメンシアを使用した赤ワインも生産されるようになりました。

アストゥリアス、カンタブリア両州はスペインではめずらしくほとんど商業的なワインの生産がない地域でしたが、2000年以降カンタブリアでワイン生産の機運が高まってきています。アストゥリアスでは豊富なりんごを原料としたシードラ(シードル)が有名です。さらに付け加えるならば、両県は緑豊かな牧草地を背景としたチーズ作りが盛んな地域です。

▲ページトップに戻る