Cava/カバ

世界を代表するスペイン産の高品質なスパークリングワイン
(カバは製法による分類で、限定された地域の指定はありません。)

白ぶどう品種
マカベオ(ビウラ)
チャレッロ
パレリャーダ
(上記3品種が主要品種)
スビラット
シャルドネ

黒ぶどう品種
ガルナッチャ・ティンタ
モナストレル
ピノ・ノアール

世界第2位のスパークリング生産量とコストパフォーマンス

ペネデス

カバとは、その主な産地であるカタルーニャ州の言葉で「洞窟」または「地下蔵」を意味します。暗さと一定した低い気温、そして湿度を必要とする、スパークリングワインの貯蔵熟成場所を思わせる、ぴったりなネーミングです。 原産地呼称制度のなかでは唯一、原産地がひとつには限られていません。DOで指定された産地はカタルーニャ、アラゴン、リオハ、バレンシアなどの州で、その栽培面積は合計33,000ヘクタールです。しかし、スペイン全体で生産されるカバの95パーセントはカタルーニャ州産で、そのうち80パーセントがバルセロナの南西40キロにあるサン・サドゥルニ・デ・ノヤ近辺で生産されています。

カバの歴史は、カタルーニャ州ペネデスのワイン生産者ホセ・ラベントスが、シャンパーニュで学んだ技術と醸造機器を故郷に持ち帰ったことに始まります。彼はペネデス地方固有の品種を用いて、シャンパーニュの技術を応用し、1872年にカバを誕生させました。現在、カバのメーカーは約270社あり、年間販売量約2億本と、スパークリングワイン産業の規模としては、フランスに次いで世界第2位を占めています。各メーカーのそれぞれのスタイルを反映した個性と高い品質をもつスパークリングワインのカバですが、価格は驚くほどリーズナブルで、コスト・パフォーマンスが大きいのが特徴です。

スペイン原産品種と瓶内第二次発酵から生まれるカバ

カバ

カバはマカベオ、チャレッロ、パレリャーダの主要3種の品種に加えシャルドネの使用も認められています。カタルーニャ以外では、マカベオ(ビウラ)が主体となります。また、ロゼのカバはモナストレルガルナッチャ・ティンタなどの黒ぶどう品種が白ワインに加えられて用いられるのが一般的ですが、黒品種のみから造られることもあります。ピノ・ノワールは最近、ロゼのカバにのみ使用を認められました。

主品種の特徴

■マカベオ:
非常にバランスのとれた酸をもち、フレッシュでフルーティなワインとなる品種。
■チャレッロ:
カタルーニャ州原産の品種で、糖度に富み、豊かなボディのワインとなる。またブレンドすることで色とフレッシュさをカバに与える。
■パレリャーダ:
高地ペネデスで栽培される。非常にフレッシュ、フルーティで上質なワインとなり、ブレンドによってカバに溌剌さと個性を与える。
■シャルドネ:
単独またはほかの品種とのブレンドでカバが造られる。コクと豊かなアロマに特徴がある。

醸造方法

カバ

カバと名乗るためにはシャンパーニュと同じように瓶内第二次発酵によって造られ、一定の貯蔵年数が必要です。

カバの製造法は原酒(ワイン)を瓶に詰め、酵母と蔗糖を加えて王冠で栓をし、瓶内第二次発酵によって発泡(自然の炭酸ガス)を生じさせます。第二次発酵によって瓶内に生じた酵母などの沈殿物を、動瓶作業で瓶口に集め、それを瞬間的に凍らせ、瓶栓を開けて取り除く「口抜き」が行われます。規定ではこの間、最低9カ月の貯蔵熟成が義務付けられています。しかし、一般的には1年から2年、高級品では3年から4年の貯蔵熟成が行われています。長く熟成させるほどに泡が細やかに、安定したものとなり、香りや風味も立ちやすくなります。 口抜きの際には、少量のリキュールが添加され、甘みの度合いが調整されます。このリキュールは通常、同じタイプのワインに蔗糖を混ぜたもので、その量によってカバの味わいは次のタイプに分類されます。

■エクストラ・ブルット
極辛口
ブルット
辛口
セミ・セコ
やや甘口

また、スペイン国内では、リキュールを全く、あるいはほとんど添加しない、非常に辛口のブルット・ナトゥーレが食前のアペリティフに好まれています。

▲ページトップに戻る